住宅を長持ちさせたいなら外壁塗装をしっかり行なおう

  1. ホーム
  2. 住宅をリフォームする

住宅をリフォームする

ペンキ

住宅のリフォームの中で最も重要なものが外壁塗装の塗り直しです。およそ10年から15年程度を目安に外壁塗装の塗り直しを行うのが一般的で、それを行っていると大変なことになります。外壁塗装は外見的な見栄えをよくすることだけが目的ではありません。築10年くらいたつと、外壁塗装がはがれてきて、外壁の色が変色したり水垢がついたりして見た目が悪い住宅が増えてきます。もちろん、これらの見た目をよくすることも外壁塗装の塗り替えの大きな目的の一つです。単に見た目をよくするだけであれば、別に塗り替えをしなくてもいいし、数十年後にまとめてすればいいと考えている人もいますが、外壁塗装の重要な役割は防水効果にあります。常に住宅を風雨から守っている外壁ですから、当然年月とともに劣化してしまいます。そうなると外壁の隙間から水が浸入して柱が水に侵食されてしまう可能性もあります。初めのうちは防水効果がきいていますので壁もきれいですし、水の侵入もありませんが、年数が経過するにしたがって、防水効果が薄くなり、壁に水分がたまるようになります。外壁が湿気を帯びたり乾燥したりを繰り返すことによって、徐々に外壁にゆがみが生じていき、継ぎ目にひびやクラックが生じるようになるのです。そうならないためにも、適切なタイミングで外壁塗装を塗りなおして、防水効果を高めることが重要なのです。住宅を長持ちさせるためには、常にメンテナンスを行うことが重要です。